読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初マラソン完走

先週の日曜日、マラソン(42.195km)を走った。生まれてはじめてマラソンを体験した。

体力には自信があったから、多少はきついかもしれないけれど、4時間を切るペースで走れるだろうと思っていた。でも、思っているのと実際にやってみるのとでは違った。しかも、想像以上に。

 

「30kmからがとてもきついよ」と色々な人が言っているのを聞いていたが、本当にそうで想像していた以上にとても苦しかった。
30kmまでは快調だった。1kmを5分前後のラップを刻んでいたのが、33kmを過ぎたくらいから、足が徐々に動かなくなり、アスファルトの路面を着地するたびに、筋肉が痛くて痛くて悲鳴をあげた。だんだん足取りが重くなり、最後は足があまりに痛くてつらくて歩いてしまった。1kmを5分のペースは、8分まで遅くなった。

 

結局、30kmまでは10kmを50分ちょっとで走ったのに対して、最後の10kmに1時間15分かかってしまい、4時間11分でゴールした。最後ゴールしたときは達成感で少し泣きそうになった。それだけ最後の10kmがつらかった。

 

最初で最後のマラソンと思っていたけれど、4時間を切れなかったのが悔しくて、またもう一度チャレンジしたいと思う。ようやく筋肉痛が取れてきたのでこれからコツコツと走り込もう。